芥川賞作家・諏訪哲史さんと一緒に
月イチ読書 小説の魅力を味わう講座

講師:諏訪 哲史 小説家 批評家 随筆家
  小説「アサッテの人」で芥川賞(2007年)を受賞した諏訪哲史さん。その礎は一万冊を超える読書経験にあるそうです。
秋から始まる「月イチ読書」講座は、毎月文庫本で一冊、諏訪さんが選ぶ短い小説を読み、作家の多様な文体や表現意図、小説観などを語り合います。
作家志望の方は創作に役立つ作者の表現、文体の工夫が学べます。読書を趣味にしたい方は小説を読む際のポイント、楽しみ方がわかります。
【自作の小説や作文の添削、批評は行いません。ご了承ください】【9/18】
 講座は定員(25人)に達したため、PM1:00~2:30の講座を増設しました。現在はどちらの時間も選択できます。取り扱う書籍(2019/10~2020/9)
<第一期>
10月 「遠野物語」【本編のみ1~119段】(好きな段を3つ挙げていただきます)
11月 「われらの時代・男だけの世界」(ヘミングウェイ・新潮文庫 全短編1)
12月 「日輪・春は馬車に乗って」(横光利一・岩波文庫)
1月 「エレンディラ」(ガルシア=マルケス・ちくま文庫)
2月 「楢山節考(ならやまぶしこう)」(深沢七郎・新潮文庫)
3月 「肉体の悪魔」(ラディゲ・新潮文庫)【肉体の悪魔】
<第二期>
4月 「江戸川乱歩傑作選」(江戸川乱歩・新潮文庫)
5月 「愛について語るときに我々の語ること」(カーヴァー・中公…村上春樹翻訳ライブラリー)
6月 「晩年」(太宰治・新潮文庫)
7月 「伝奇集」(ボルヘス・岩波文庫)
8月 「檸檬」(梶井基次郎・新潮文庫)
9月 「幽霊たち」(オースター・新潮文庫)

これらの文庫本の中から短編を3~4ほど指定します。それぞれの作品のどの短編を指定するかは、問い合わせください。

カテゴリー 文芸
曜日 毎月 第3土曜
時間 ① PM1:00~2:30 【残席4】
② PM3:00~4:30 【残席1】
受講料 3ヵ月 15,600円
教材費
持ち物 課題の文庫本は、事前に各自で購入、用意して頂きます。(詳しくは初回に講師から説明させていただきます)

■講師紹介

講師(所属)
諏訪 哲史 (小説家 批評家 随筆家)
プロフィール