謡曲と仕舞(観世流)
講師
久田三津子 重要無形文化財(総合指定)保持者・観世流能楽師シテ方(社)能楽協会名古屋支部常議員・名古屋観世会会員
能は約650年間、それぞれの時代を生き抜いた人々の感性により、磨き上げられた芸術です。能を知る、また、自ら表現する事で、貴方も日本の伝統を受け継いでみませんか。品格ある日本人としての嗜みを一つ。一生の楽しみとなるかもしれません。

初めての方にも、「能」を身近にお稽古していただけます。謡曲は節扱い、音階、発声などを基礎から指導。仕舞は構え、足の運びなどお一人ずつ丁寧にご指導します。経験者の方には、その技量に応じて選曲致します。日本の古典芸能は難しいと思われがちですが謡は腹式呼吸で大きい声を出し、仕舞は足腰を丈夫にして健康にも大変良いです。お幾つからでも遅いということはありませんので、まずはお気軽にお始め下さい。

■カテゴリー
邦楽・邦舞
■日時
毎月①③水曜日 PM1:30~3:00
■受講料
(謡曲・仕舞両受講) 3ヵ月6回分  14,520円
(謡曲・仕舞どちらか) 各3ヵ月6回分  10,560円
■設備管理費
660円

 


久田勘鷗

■講師紹介
久田三津子 (重要無形文化財(総合指定)保持者・観世流能楽師シテ方(社)能楽協会名古屋支部常議員・名古屋観世会会員)