我が家の相続
経験者だからわかる 相続対策のウソ・ホント

講師
橋本 玄也 CFP    1級FP技能士、相続診断士、宅地建物取引士
誰もが経験する相続の問題。ほとんどの人が生涯に一度の可能性が高いため、自身が相続人になった場合に、何をどうすればよいか全くわからないものです。

一級ファイナンシャル・プランニング技能士の橋本玄也さんは、自身が30代で父の相続、その後、祖母、母と3回相続を体験しました。「おかげさまで、相続人の方が何に困り、何が悩みなのかが分ります。本の知識で行った、相続対策の失敗も経験し、その後20年近く会計事務所職員となり相続のさまざまな実務経験をしました」と話します。

今回は橋本さん自身の経験から、相続人の立場で、「あなたにとって本当に必要な相続対策とは何か」を「我が家の相続」の体験談を通しお話しいたします。

トピック

~父、祖母、母の相続を3回体験し分かったこと

・相続税の試算は、難しい。

・農地の納税猶予は、受けたほうがいいのか?

・節税になる保険にあえて入らなかった訳

・自宅の敷地内に先祖名義の土地を発見!?

・父と母の亡くなる順番で相続税が違う?

・遺産分割が問題となるのは、2回目の相続

・あえて作成しなかった遺言書

・ハラハラ、ドキドキしてまとまった我が家の遺産分割

・貴重な相続税調査の体験

PDFチラシはこちらから

■カテゴリー
一日体験
■日時
6月12日(土)  PM 1:30~3:00
■受講料
1回 2500円
2人参加の場合 1人  2100円
■教材費
■設備管理費
110円
■持ち物
筆記用具

■講師紹介

橋本 玄也(CFP    1級FP技能士、相続診断士、宅地建物取引士)